アイスホッケースクール

アイスバックスジュニア

アイスバックスジュニア設立目的

近年、栃木県内の少子化に伴いアイスホッケー人口も減少しつつあります。特に日光地区においては合併するチームもあり深刻な状況です。またアイスバックスにおいても栃木県内の出身者は若干名でさみしい現状です。地域に密着したクラブを目指すアイスバックスとしては、栃木県内出身者の選手を1人でも多く増やして行く事が理想であると考え、それにはアイスホッケーの普及活動、多くの子供たちにアイスホッケーの素晴らしさを伝え競技人口の拡大に努めて行く事が重要であると思います。
日本に4チームしかないアジアリーグのチームがこの日光にあるのですから、県内の子供たちがアイスバックスを身近に感じ、そのトップチームを明確に目指して行ける環境を造って行く事が栃木県内の子供たちのレベルアップに繋がり、またアイスバックスの地域に密着し安定したチームレベルに繋がって行くと考えています。そこでアイスバックスジュニアを設立する事となりました。
アイスホッケー選手を目指す子供たちに夢を与え、アイスホッケーの楽しさを伝えて行く事もアイスバックスジュニアの役目だと考えています。

アイスバックスジュニアとは?

2010年度シーズン活動内容

対象 栃木県内の小学生(12歳以下クラス、9歳以下クラス)
人数 所属人数85名
活動期間 10月〜3月
練習日程 各クラス週1回程度
会場 日光霧降アイスアリーナ、細尾ドームリンク、今市青少年スポーツセンター
協力 栃木県アイスホッケー連盟
協賛 帝京大学グループ

開催スケジュール

  • グッズ購入
  • ライトハウス・インターナショナル・トーナメント