試合日程・結果

2018-2019シーズン 試合日程

ハイワン②

H.C.栃木日光アイスバックス
HOME
5 TOTAL 2
High1
AWAY
1 1P 0
2 2P 0
2 3P 2
①#9 佐藤(#54、18)
②#16 齋藤
③#53 寺尾(#9、30)
④#53 寺尾(#16、91)
⑤#30 牛来(#54、9)
得点

アリペッカ・シッキネンヘッドコーチ

 
ホームでしっかり連勝して勝ち点6を取れたことは嬉しい。相手は外国人選手が8人いてフィジカルも強いチー
 ムで、勝たなければならない状況で勝つことができてチームは一歩づつレベルアップしている。第2ピリオドで
 動きが止まってパス・スケートの精度が落ちた。相手に流れが傾きかけたが、GK福藤選手が晴らしい仕事をして
 くれた。第3ピリオドではいい反則と悪い反則をもっと考えなければならない。悪い反則から失点が続き残念で
 ある。PKの時間が多かったこともあり、昨日と違っているところは選手に疲れが見えたところである。疲れた
 時にこそ気をつけなければならない。今守りの時間を短くすることができている。守りから入って、攻めにつな
 げることができている。9月は波があったが、10月に入る前に細かい部分の調整ができたことが今につながって
 いる。チームがまとまることができてきているので、これからも上を目指したい。スケーティングを核にしてバッ
 クスらしさをこれからも出して行きたい。

藤澤悌史アシスタントコーチ

 
2連勝で勝ち点6を取れたことは非常に大きい。9月はケガ人が多く勝ち切れない時期が続いて負け越してしまっ
 た。苦しい時期だった。10月になってケガ人も戻りやりたいホッケーができてきている。細かい部分の精度も
 よくなってきている。勝つことはチームに勢いや自信を与える。次戦はこの流れを保っていい準備をして臨み
 たい。

#13 岩本和真

 
勝ち点3を取れたことは非常にチームにとって大きい。ポイントが二桁に乗って、セットでいい連携が取れて
 いる。個人的にも周りを見れてプレーができている。まだまだ調子を上げていきたいが、この調子でいきたい。
 今日は栃木ゴールデンブレーブス八木健史コーチがフェイスオフにきてくれて、始球式でもお世話になった。
 来られると聞いてすごく嬉しかったし、勝利を見せることができてよかった。試合後に少しお話ができて、これ
 からも両チームで親交を深めていければと思う。次戦はチーム4連勝中だが、今調子がいい時に連勝を伸ばして
 いかなければ後半戦に響いてくるので、しっかり準備して臨みたい。

#53 寺尾裕道

 
昨日から立ち上がりからしっかり守れていたことが勝因であった。皆守りの意識が高くできた。ゴールは相手の
 反則で得たチャンスをモノにできたし、2点目はマークが寄っていてこぼれてきたパックをゴール前で誰もいな
 かったので押し込むことができた。ホームでようやくゴールできて皆さんにゴールを見せることができて嬉しい。
 その中で連勝中GKがしっかり守ってくれてチャンスがきたので福藤選手に感謝したい。2点目はこの試合怖いと
 感じていた場面であった。相手は攻撃的で追いつかれるんじゃないかと思っていた中で、ここで何とか1点取り
 たいというのを実現できてよかった。攻撃面ではいい形が作れてきている。相手ゾーンでキープできているし、
 イーブンでもチャンスを作れている。もう少しチャンスを作れれば勝率も上がってくると思う。精度を高めて
 いきたい。去年もそうだったが、苦しい時期を乗り越えて今回4連勝することができた。このいい状態を忘れずに
 その中で細かいミスを修正していけばプレーオフも見えてくる。ただ他のチームはまだ試合数が多いので自分
 達は勝ち続けないといけない状況は変わりない。ホームでは落とせないし、アウェイでも最低限イーブンで帰っ
 てこなければならない。

#9 佐藤大翔

 
復帰後初ゴールとなったが、ゴールはもちろん嬉しいがそれよりチームが勝ち点3を取れたことが嬉しい。ゴー
 ルは4対4の場面でリンクにスペースが広くあった。空いているスペースに走ったら古橋選手と目が合って、いい
 パスをくれた。少し慌てて打ったが、いい所に飛んでくれた。ケガで出遅れチームが勝てない状況で苦しい
 想いをしてきて、復帰した時は貢献することだけを考えて過ごしてきていた。復帰までにチームやトレーナーの
 サポートがあって予定より早く復帰することができたい。大きなケガは初めての経験で不安もあった。スピードが
 落ちたり氷に乗れるのかという怖さがあった。先月から徐々に復帰し始めて今は安心の方が強い。試合に出れて
 いな時にパックを早く離した方がFWが楽なのではないかと感じていた。復帰してプレーで見せればと思ってプレーをしている。それが浸透すればいい流れになると思う。チームはスタートでよくない時期もあったが、徐々に方向性ややるべきことが皆分かってきている。ここからさらにタフな試合が続くと思うが、4連勝で一喜一憂せずに次戦に皆でいい試合ができるように準備したい。

#44 福藤豊

 
最終的に勝利まで持ってこれたので、プレーに関しては素直に評価したい。相手は第3ピリオドでPPを活かして
 得点してから怖いチームになったので、そこを集中して守れたことはよかった。次戦のデミョン戦はいい選手が
 揃っているので、今日の修正点をいい状態に持っていって臨みたい。開幕からの悪い部分が早くに出ていて選手
 達も意識が変わったのがチームが変わってきた一つの要因だと感じている。一人一人が自覚を持ってプレーして
 いるので継続していきたい。

#30 牛来拓都

 
ゴールはPKでアイシングがなかったので、パックを取ったら狙おうという気持ちがあった。エンプティゴールを
 した経験がないが、打った瞬間入ると確信した。チームは連勝中でその間にゴールもできた。ゴールやアシスト
 だけでなく、プレーの質の面でも向上している。このまま継続していいプレーをすればポイントもついてくると
 思う。次戦以降も一歩一歩一試合一試合積み重ねていきたい。

#12 今野充彬

 
アジアリーグ通算200試合を達成したが、当日まで自覚していなかった。まだまだ通過点なので、これからもっと
 大事になってくる。第2ピリオド入る前にベンチでは皆が祝福してくれて嬉しかった。開幕から個人的には浮き
 沈みはない。その中でチャンスはあるが決め切れていない。あまり意識しすぎるとネガティブになってしまうが、
 意識しつつチームが勝てるように自分の仕事をしていきたい。今チームは連勝していていい感じではあるが、
 ここで引き締めないとズルズルいってしまう。また次戦一から皆で戦っていきたい。

試合ダイジェスト

 

試合後インタビュー

 

フォトギャラリー

photo by 有限会社乾写真事務所
  • グッズ購入