試合日程・結果

2018-2019シーズン 試合日程

王子イーグルス③

王子イーグルス
HOME
2 TOTAL 4
H.C.栃木日光アイスバックス
AWAY
0 1P 2
1 2P 2
1 3P 0
得点 ①#88 寺尾    (#53、9)
②#25 アランネ  (#18、27)
③#55 ドロフェーブ(#88、74)
④#53 寺尾    

アリペッカ・シッキネンヘッドコーチ

 勝ち点3は非常に嬉しい。第1ピリオドで出足がよかったがその後問題があった。第2ピリオドは攻めなくなり守り
 の意識が強すぎた。守りはよかったが波があった。福藤選手に助けられた。第3ピリオドはゲームプランを変更し
 もっと積極的に仕掛けたかったが相手も強いチームなので得点にはつながらなかった。勝つためには守りが必要
 だしいいGKが必要だが、今日は両方が揃っていた。次戦も王子戦であり相手のFWはスケートが非常にうまいので
 今日は守れたが次へ向けて修正していきたい。連勝記録については初耳であったが素直に嬉しい。ただチームの
 雰囲気はすごくよくこれを続けて次戦へも臨みたい。選手のまとまりを感じているのと楽しくプレーをしている。
 このシステムをもっと深めたいやもっとホッケーをしたいという気持ちを皆から感じている。

藤澤悌史アシスタントコーチ

 早い段階で点数が取れて危険な時間帯もあったが何とかしのげていい勝ち方ができた。第2ピリオド終わってリー
 ドしているが消極的になる必要はないので引き続きゲームプラン通りすることを話した。9月は中々波に乗れな
 かったが、連勝の結果については素晴らしい結果だと思う。ケガ人も戻りチームのやりたいことを皆が実行して
 いる。それが勝ちにつながっている。今の勢いを継続して続けていきたい。まだDゾーンの修正点もあるので
 精度を高めていきたい。スペシャルプレーについては数字的には非常にいい状態なので続けていきたい。ナショ
 ナルブレイク終りのコンディショニングをどうするかを考えていきたい。次戦で王子もこのままでは終われないと
 思うのでいい攻めの準備をしたい。後半戦の最初の山場である。ここでどういう戦いができるかで、残りの戦い方
 も変わるのでまずはそこをしっかり戦いたい。

#16 齋藤哲也

 前半は王子らしいハードにきていた。スタートで得点が取れたことが流れを掴むキッカケになった。勝ちはしたが
 まだまだ修正しないといけないところがたくさんある。連勝をよろこんだり勝ちをよろこんだりはあるが、少し
 期間が空くのでしっかり準備をしたい。自分たちでパックをキープできていたらピンチにはならない。簡単に
 渡さないで自分たちでキープできるところはしっかりキープするのがチームに浸透している。ドロフェーブ選手や
 寺尾選手など色んな選手が得点していい傾向であるこれからも続けたい。チーム皆で勝ち取った8連勝だが
 満足せず上位に食らいついていくためには勝ち点が必要なので切り替えていい準備をすることに集中したい。
 次戦のホームでの王子戦は相手もこのままでは終わるわけがない。気を引き締めて臨まなければならない。3試合
 あるがまずは初戦をしっかり勝てるようにしたい。前半戦が終りスタートは思うようにはいかなくて選手自身も
 もどかしい中でやっていたが、ケガ人も戻りチーム皆で立て直そうとミーティングを重ねた。監督からも信じて
 ついてこいという言葉でブレなかったのが選手の迷いがなくなった。そこから監督のやりたいホッケーが浸透
 した。選手はそれを信じてやるだけなのでそれが今いい結果につながっている。まだまだ要求もあると思うが
 選手も準備して描いているホッケーに少しでも近づけていきたい。

#13 岩本和真

 前半戦が終りここ8試合連勝で終えることができて勢いがある。まだまだ上げていかなければならないところも
 あるが、昨年に比べていいのでこの調子で頑張りたい。開幕からセットではいい攻撃ができている。PPの確率も
 リーグで上位につけているので、攻撃面でいい形を作れている。このまま変えないで続けていきたい。次戦の王子
 戦は今日のように守りをしっかりして、今までよりもいい守りができたと手応えを感じている。守りがしっかり
 しているといい攻めにつながるので次の3試合もすごく大事になるのでいい準備をして臨みたい。

#53 寺尾裕道

 相手は昨日敗戦で今日はがむしゃらにくると予想できていたが、プレッシャーも速かった。その中で先制点を取れ
 たことが大きかった。個人的にはゴールとアシストがついたが守りの面で詰めなければならないところがあった。
 ゴールは寺尾勇利選手からオープンパスで流れて相手も自分がプレッシャーを掛けると気づいていた。逆をついて
 横に出すと駆け引きでき気付いたらいい形で奪って落ち着いて決めることができた。昨日からも気負いなく自分
 たちのホッケーをしていれば結果はついてくると信じていた。いい自信と最後まで気を抜かない意識がモチベー
 ションとなった。後半戦へ向けては守りの部分や時間帯でのプレーなど考えてプレーしなければならないと感じて
 いる。タフな試合が続くと思うが気持ちといい状態をなぜ今の状況なのかを皆で考えながら修正して次に向かい
 たい。

#9 佐藤大翔

 先制し5分間の数的優位な時にも追加点を奪えたのでバックスのペースで進めることができた。2試合とも自身と
 してはいらない失点をしてしまったので修正点である。ドロフェーブ選手も加入しDFとしても厚みをもつことが
 できてきていると感じている。入団してから初めての8連勝で嬉しいことではあるが、一喜一憂せずいい練習を
 して次戦の王子戦へ臨みたい。危ないところからのシュートもあったが、福藤選手を中心に徐々にやりたいことが
 浸透してきていると感じている。1対1で相手につくので運動量も多くなってくる。選手同士でフォローしながら
 やっていきたい。今はセット間でしっかり話し合えているのでさらによくなるように継続したい。相手は苫小牧
 でも負けていて絶対に激しくくるとチームで準備できていた。FWがパックをキープできる選手が揃っているセッ
 トなので、早くパックを話してFWが気もちいい攻撃ができりょうに心がけている。シーズン初めは厳しいスター
 トになったがここまで皆の力で盛り返してこれた。後半戦も皆で一つになって頑張りたい。

#18 古橋真来

 立ち上がりすごいいい立ち上がりで点数を取ることができた。PPでも追加点をしっかり取ることができた。バッ
 クスのペースでいい試合展開だったと感じている。チームはスケートを使ってプレーするのがバックスらしさの
 中で個人的には毎試合できていた。代表から戻ってきての王子戦でも見せれればと思う。ポイント数もリーグ
 上位につけパックを持った時に相手が寄ってくることが多く、そこで味方につなげられているのがポイントがつい
 ている要因だと感じている。自分で決める部分をもう少し磨いていきたい。後半戦へ向けて今福藤選手にすごく
 助けられている部分があるので出ている選手で福藤選手を楽にしてあげたい。寺尾兄弟が得点を決めてくれるので
 日光出身で自分も負けずにチームを盛り上げていきたい。

#88 寺尾勇利

 立ち上がりに先制点を取れて、そこからバックスのプレーも変わらずできたので最後までバックスのホッケーが
 できた。ゴールは裕道選手がファーサイドの佐藤選手へパスを振って、ゴールを見たら相手の選手が誰もいなかっ
 たのでゴールに向かったところ佐藤選手からナイスパスがきて相手GKも体勢を崩していたので股の方を狙って
 打ったら綺麗に入った。狙い通りのゴールだった。自分の持ち味がパックをキープして仲間を使ったり自分で行く
 なので要所要所で出すことができた。一度やれば二回三回と続けられるので今日は流れよくプレーできた。DFも
 役割を果たしてくれてそれにFWも走ってゴールに向かっていて今の勝ちにつながっている。危ないプレーもし
 ないでFWにつなげてくれているので機能している。チーム記録の8を意識はせず、自分は10連勝を5連勝の時から
 考えていた。ここでとどまることなく次戦の王子3連戦が大事になるので次に向かって練習するだけである。
 後半戦へ向けてはシュートを打っていきたい。シュートを打つことで味方の選手も空くので練習から意識して
 やりたい。ここからタフな日程や試合が続くが、チームがなぜ勝っているかを一人一人が頭に入れて練習していか
 なければ響いてくると思うので、いいイメージを頭に入れて練習していきたい。

試合後インタビュー

 

フォトギャラリー

  • グッズ購入