試合日程・結果

2019-2020シーズン 試合日程

国際親善試合

H.C.栃木日光アイスバックス
HOME
3 TOTAL 4
ユクリット
AWAY
1 1P 2
1 2P 2
1 3P 0
①#25 アランネ(#18)
②#53 寺尾  (#13、23)
③#30 牛来  (#80、25)


観客数:1454
得点 ①#27 パルタネン (#72、19)
②#57 サラウルト (#19)
③#7 ピーッポネン
④#19 タヌス   (#57、61)

アリペッカ・シッキネンヘッドコーチ

 第1ピリオドからいい勝負ができていて、いい試合だった。最後は少し足が止まった。第2ピリオドは
 ギャップコントロールで詰められてしまった。相手に攻めの機会を多く与えてしまった。全体としては
 手ごたえを感じている。攻撃面ではスケートをよくてきてどこに対してもいい攻めができる。守りはD
 ゾーンの時間帯を減らしたい。開幕へ向けて明日の1試合で今日のような試合ができればいいシーズンに
 できると思う。井上選手は最初は少し緊張感があったが、残りの時間はしっかり守ってくれた。今日の
 ようなパフォーマンスができれば試合を任せられる。セットバランスとしては古橋選手のライン、齋藤
 哲也選手のラインがよかったと感じている。岩本選手のラインは攻撃面はよかったが、守備面は修正して
 いきたい。現段階でチーム状態は80%ぐらいのところだと感じている。15%は守りで残りは細かい部分を
 開幕までに状態を上げたい。

ユクリットのペッカ・カンナスアルゥスタヘッドコーチ

 万全のコンディションではなかったが、アイスバックスは思った通りいいプレーが多かった。我々も
 いいプレーがあったが、いい経験になった。まずは勝利できてよかった。アイスバックスはスケー
 ティングが速く、パスも上手い。予想よりチームプレーができていたと感じている。全体的にリーグ戦へ
 向けて仕上がっていると思う。できとしてはユクリットより動けていたと感じている。チーム内では
 古橋選手のスケートと坂田選手のゴール前での守りが印象的だった。明日はユクリットももっといい
 動きができると思うので楽しみにしている。

藤澤悌史アシスタントコーチ

 久々のスピードあるチームとの対戦で、選手たちも楽しみにしていた。60分間チャレンジしてくれた。
 第2ピリオドなど悪い時間帯もあったが、全体的によく我慢してプレーしたと思う。細かい部分はまだ
 まだ修正しないといけないが、リーグ開幕へ向けて修正していい状態にしていきたい。

#9 佐藤大翔

 試合が決まってからこの日が来るのをすごく楽しみにしていた。1対1の場面で自分より体の大きい
 選手にアグレッシブにプレーできたことは収穫であった。初めてのフィンランドトップリーグのユク
 リットと対戦することができて皆いい経験になったと思う。合同練習でユクリットから学んだことでプ
 レーの意識が変わりつつある。また試している段階ではあるが、昨年と違う考えができてきている。
 今日は結果にはつながらなかったが、目指すところは少し広がってきていると感じている。スコア以上の
 差はあると感じた。1点差まで持っていくことができてまずまずの試合だったと感じている。つなぎの
 部分でDFからシンプルに走っている選手に正確にパスを出して上手いと思いながらプレーをしていた。
 正確さが相手の方が上回っていた。スピードは大きな差はないが、走るタイミングやスペースの使い方で
 スピードが高かった。開幕へ向けては残り1試合で修正点を確認して監督・コーチからの指示を皆で
 共有して臨みたい。今シーズンはケガ人も少なく、皆で一緒に練習ができていて、コンディションも
 いい。いい仕上がりになっている。

#70 井上光明

 自分自身にとっても久々のフル出場だったので、純粋に楽しむことができた。相手もめったに対戦する
 ことのない外国のトップチームで、本当に楽しめた。今日は終始相手にリードを奪われる展開でチームと
 しては課題が残った。第2ピリオドピンチを救う場面もあったので評価をしたい。我慢ができていたから
 こそ勝利したかった。ユクリットはシュートスピードもパススピードもスケーティングスピードもある
 のでコンパクトに正対して守ることを意識した。フリーで撃たせるとシュート力があるので警戒して
 いた。パス一本でピンチになる場面もあるので周りをよく見ながらプレーをした。今シーズンは3連戦で
 GK1人だと負担がかかる。なので自分も何とかチームに貢献できるような働きをしたい。これまでは
 10年間プレーして霧降といえばアウェイで、お客さんに応援されているアイスバックスが相手だったが、
 今シーズンからアイスバックスの一員になってファンの方々のご声援が力になると味方になって分かっ
 た。久々の実戦でフル出場して試合勘も取り戻すことができた。昨シーズンは出場がほぼなかったが、
 それを取り戻すためにも練習と実践に取り組んでいきたい。

#25 ヨーナス・アランネ

 1ゴール1アシストでチームに貢献できてよかった。今日は自分たちのラインがケミストリーがあった。
 今日のようなパフォーマンスができればどこでもいい試合ができる。相手はパックを持った時すごく落ち
 着いてプレーをしていて、パスも出すことができる。シンプルなプレーができていた。バックスも見
 習っていかなければならない。難しいパスではなく、シンプルにいいパスを出せばいいプレーにつな
 がる。昨年より今年の方がいいプレーをしたい。またユニフォームを着ている以上プライドを持って
 いる。もっとチームに貢献できるようにしたい。ポイントに絡むプレーを求められているのでポイントに
 絡むことはプロとして仕事だと思う。その上でリーダーシップを出していきたい。1点目では古橋選手は
 スケーティングがうまく、自分もある程度できると感じているのでケミストリーがうんだゴールである。
 今シーズン継続して一緒にプレーしてケミストリーを続けたい。ユクリットの選手の中には何人か一緒に
 リーガでチームメイトだった選手もいて、対戦を楽しみにしていた。今シーズンはより多くのポイントに
 絡んで、何よりチームの勝利に貢献したい。いい勝利を重ねていい位置へチームが進むことを願って
 いる。

#18 古橋真来

 相手のパスやブレイクアウトの球出ししたあとにバックスのフォアチェックより前に出てくるところが
 印象的だった。4人で攻めてくるイメージがあって、そこからいいエントリーを許してしまった。もう
 少しやれたと思う部分もあるが、最善は尽くせた。明日はゴールをしてチームの勝利に貢献したい。
 今日も残り5分からバックスの流れだったのでいい攻めができた。明日はそこで強いバックスを見せたい。
 アランネ選手とは昨シーズンから組むことが多くやることは分かっている。足が速いので2人でいい
 連携を取って攻めれば今日は3番手に鈴木健斗選手が入っていい形を作れていた。連携を大切にしたい。
 3点目の牛来選手のゴールはPPだったがDFがあの位置まで持っていってのパスだったので、形にこだわり
 すぎず、自分たちのコミュニケーションで相手を崩したシーンだった。5人がクリエイティブにいいプ
 レーができれば得点不足も解消できると思う。1点目はアランネ選手にパスが通れば得点できることが
 分かっていたが、相手の動きを待っていた。狙ったコースにはいかなかったが、結果的に狙ったところに
 こぼれたのでよかった。今日はよしもとの芸人が会場を盛り上げてくれた。ファンの一体感がある中で
 プレーできてよかった。多くこういった機会があると嬉しい。

フォトギャラリー

photo by A.K.art-works
  • グッズ購入