試合日程・結果

2019-2020シーズン 試合日程

vs クレインズ②

ひがし北海道クレインズ
HOME
4 TOTAL 2
H.C.栃木日光アイスバックス
AWAY
0 1P 1
3 2P 1
1 3P 0
得点 ①#18 古橋     (#53)
②#80 ヨキエリッキラ(#23)

アリペッカ・シッキネンヘッドコーチ

 スタートはよかった。チャンスも多くバックスがやりたいホッケーができていた。皆フレッシュにいい
 スケーティングをした。第1ピリオドが終わって動きもよかったし、チームワークもよかった。しかし
 第2ピリオド以降流れが悪くなり、その分相手に攻撃の時間を多くさせてしまった。その流れで3連続
 失点は痛手であった。第2ピリオド5-3の場面で1点差に詰め寄って流れを引き戻したかと思ったが、
 つなげられなかった。第3ピリオドでは突き放される失点があったが、いい動きを取り戻していたと
 感じている。修正して明日は同じことを繰り返さないようにしなければならない。明日はスタートの
 ような100%出せればいい戦いができるので、ハードワークして勝利したい。

#4 坂田駿

 立ち上がりいいスタートが切れたが、第2ピリオドに5回の反則でキルプレーが半分あったのでそこで
 流れを悪くなり3連続失点。試合が終わるまでこの流れを脱することができなかったことが敗因であった。
 3連戦のフォーマットに戻り、明日勝てば勝ち越しなので、皆切り替えて勝って日光に帰りたい。

#13 岩本和真

 スタートはいい形で入れ、15分まではいいホッケーができて先制もすることができた。そこから自分
 たちのミスで流れを失ってしまった。第3ピリオドではバックスらしいホッケーができてきただけに第2
 ピリオドがもったいなかった。今日第2ピリオドで落ちてしまった部分を修正して、メンタルの部分
 なのでリーダーシップを発揮してチームを盛り上げていきたい。必ず勝ち点3を取りにいきたい。

#80 ヘンリ・ヨキエリッキラ

 スタートはすごくよかった。第2ピリオドでチーム全体がレベルが落ちてしまった。第3ピリオドは
 リズムを取り戻せたが、スコアリングチャンスで決めきれず残念であった。初ゴールは鈴木雄大選手が
 相手を引き付けて出口選手がゴール前に入ってくれてシュートコースを作ってくれた。チームメイトの
 助けがあってのゴールであった。チームからもポイントが期待されていると思うのでプレッシャーがあっ
 た。決めれて嬉しかったが、勝ったらもっと嬉しい。次は勝利へつながるポイントを決めたい。明日は
 もっと賢いプレーをしなければならない。疲れもあると思うが、シンプルにプレーをして勝利へつなげ
 たい。

フォトギャラリー

  • グッズ購入