試合日程・結果

2019-2020シーズン 試合日程

vs サハリン②

H.C.栃木日光アイスバックス
HOME
0 TOTAL 2
サハリン
AWAY
0 1P 0
0 2P 0
0 3P 2
得点

アリペッカ・シッキネンヘッドコーチ

 負けはしたが、第1ピリオドからいい動きができていたし、昨日の負けからはチームが戦いをできていた。
 第2ピリオド反則が多くなったが、PKで皆我慢していいプレーをした。0-0で終えることができた。試合
 終盤では得点欲しさがバランスを崩してしまった。我慢が必要である。55分いい戦いができたが、6ピリ
 オド無得点では勝つことはできない。無理やりパスを通そうとしたりや無理してでもスコアしたいという
 気持ちはあると思うが、明日勝つためには泥臭くでもスコアを全員で取りにいきたい。得点を取ることで
 選手・ファンもエネルギーが出ると思うので、明日の1点は大きな意味を持つ。連敗となったが明日
 チャンスがあるので、勝つように頑張りたい。

藤澤悌史アシスタントコーチ

 55分間チームシステムを守ってくれて選手達はしっかり戦ってくれた。残り5分で失点してしまい、
 集中が欠けてしまった部分があった。全体的にはPKでは集中して守ってくれたし、福藤選手を中心にディ
 フェンスがすごくよかったと感じている。敗戦ではあったが、自分たちのやりたいシステムや求めている
 ことがある程度実行できたので、自信にして明日60分で戦える、負けないようにしたい。なんとしても
 ポイントを取らなければならない試合になる。2試合得点がないので、どうにか泥臭いゴールやスクリーン
 など相手のゴーリーは簡単に中に入れさせてくれないので、体を張って、犠牲を払っていく必要がある。
 そういった部分で得点につなげなければならない。

#9 佐藤大翔

 第3ピリオド終盤までタイトな試合でどちらに転ぶか分からない展開だったが、一つのミスでスコアされ、
 その後も連続失点となり勝利がなくなった。1失点で踏ん張れればチャンスはあったと感じている。マイ
 パックの状況で味方の選手が転倒し、周りの選手もバックウォッチャーになってしまった。相手をゴール
 前でフリーにさせてしまった。2失点目は追いかける展開だったので、DFが相手のブルーライン付近で
 我慢する状態だったが、点数の状況にではあそこはセーフティに下がっている場面だった。頑張りすぎた
 所を突かれてバックチェックのFWが間に合わず数的優位な状況にしてしまった。システムではリグルー
 プやブレイクアウトの所を変更して臨んだ。またニュートラルゾーンでの守りをコンパクトにして、
 相手の攻撃の自由を防ぐことができたのも大きかった。戦う姿勢は各々で考えていいゲームをするぞと
 いう気持ちを入れてきたのでタイトな試合にすることができたと思う。0点だと勝つことはできない。
 FWだけではなく、DFもシュートを工夫していかなければならない。お互いに連携をして、一番改善し
 ないといけない点である。ファンの皆さんはホームでの勝利を楽しみにしてくれているので、明日は勝っ
 て早くホームで勝つところを見せたい。

#4 坂田駿

 昨日は立ち上がりからやられてしまったが、今日はしっかり気を引き締めて入った。第1・2ピリオドで
 いい動きがチームとして出せた。第3ピリオド残り5分で2失点してしまったことは、どこか甘さや隙を
 見せてしまったと感じている。ミスから与えないプレーができていた。簡単に中にダンプしたり、走って
 チェックしてなどホッケーの基本ができた。2失点ではバックチェックが遅かったりなど守りの意識が
 低かったことからであった。体力も落ちてプレーが攻撃に意識がいっていたと感じる。攻撃に意識が
 傾いていても、その後パックを取られてからのバックチェックは怠ってはいけない。パスホッケーでは
 あるが、前へ前へつなげない時には中にダンプしたりでパスホッケーの中にもホッケー基本である前へ
 いくことが融合できてきている。昨年よりプレースピードが上がっていると思う。まだまだこれからが
 楽しみである。相手はリーチが長いので、チェックに行き過ぎても回られたりするので、パックに自分の
 スティックを合わせることを意識している。今日はインサイドキープの意識ができていた。3連敗はでき
 ないので、しっかり戦って、皆が守りを意識してハードに戦いたい。昨年は自分たちで暗くなっていって
 いたが、今年はトータルで見ようと話しをしていて、36試合全て勝てることはないので、ポジティブに
 チームを鼓舞していきたい。今年からAマークをつけさせてもらっているので、気持ちの面など変えて
 いかなければと思っている。それがプレーにも出ていると感じている。

#5 石川貴大

 100試合出場となったが、連敗となり悔しい。周りの同期の選手から遅れての達成で、これから成長して
 チームに貢献していきたい。

#81 鈴木健斗

 チームとしては一試合我慢我慢で0失点でいけていたが、個人としては決める所を決めていれば流れを
 持ってくることができたので、チームの戦い方としてはよかったが、個人としては反省する所が多い試合
 だった。得点に絡むことが大事だと思っているので、その中でも相手は大きいのでセールスポイントの
 足を動かすことを積極的にプレーで出していくことをこの3連戦で意識してやっている。第3ピリオドでの
 1対1の場面では、もらったという思いであったが、レシーブミスして焦りが出てしまった。あそこで
 決めていれば今日の試合勝利に近づいたので悔しい。2試合で得点が取れていないが、大きな悪い原因と
 してはない。最後に決めるという所だけだと思う。明日は体力勝負になるので、足を動かして相手を疲れ
 させて、我慢をして第3ピリオド終了した時にスコアを上回っていればいいので、そういった試合に
 したい。

試合ダイジェスト

 

試合後インタビュー

 

フォトギャラリー

photo by A.K.art-works
  • グッズ購入