試合日程・結果

2019-2020シーズン 試合日程

vs イーグルス①

H.C.栃木日光アイスバックス
HOME
6 TOTAL 3
王子イーグルス
AWAY
1 1P 0
3 2P 1
2 3P 2
①#16 齋藤  (#30、9)
②#16 齋藤  (#23、81)
③#18 古橋  (#4、25)
④#25 アランネ(#81、23)
⑤#53 寺尾  (#18、25)
⑥#18 古橋  (#53、4)
得点

アリペッカ・シッキネンヘッドコーチ

 今日はスタートからよかった。イーグルスはいいチームだが、バックスの動きがよかったと感じている。
 オフェンスは特にいい動きができていた。そのリズムで試合を展開できた。第1・2ピリオドはよく我慢
 した。バックスのシステムを遂行してくれた。いいスケーティングからいいパスを出して、いいチャンス
 を作った。リスクを負わないプレーができていた。第3ピリオドはリードしている状態での試合運びをもう
 少し学ばなければならない。足が止まっていた。チームとして勝ちを掴んだ試合だった。全員が勝利へ
 助けてくれた。攻撃面では相手のGKがいいのは分かっていたので、打ってリバンウドを叩くプレーでゲー
 ムプラン通りだった。今日のゴールがいいスクリーンからだったので、リバウンドが出て決めることが
 できた。イーグルスはスキルが高く、スケーティングがいい。立ち上がり数的優位な場面を何度か作られ
 たが、バックスがオフェンスゾーンでプレーをすることができて流れを作れた。第3ピリオドでは失点が
 重なったが、ミスがあった。明日へ修正したい。

藤澤悌史アシスタントコーチ

 選手たちがゲームプラン通りに戦ってくれた。王子はもちろん素晴らしいチームだし、GKも素晴らしい。
 マッキンタイア選手から6点取れたことは収穫であった。ネットへのプレッシャーやシュートを意識して
 オフェンスゾーンでプレーした結果である。明日も継続していかなければならない。

#9 佐藤大翔

 今シーズンイーグルスは強敵になると思っている。そのチームに初戦を取れたことは嬉しい。250勝に
 至るまでにファンやスポンサーのサポートがあって積み重ねてきた節目なので、感謝の気持ちを持って
 明日からも300勝、400勝を目指して勝利積み重ねていきたい。

#4 坂田駿

 タイトな試合になると思っていたが、第1・2ピリオドはバックスのペースでリードができた。第3ピリ
 オドはイーグルスがしっかり走ってきて、対応できなかった部分があった。勝ったことは嬉しいが、明日
 負けないように勝ち点が少しでも取れるようにしたい。第3ピリオド失点が続いたが、2人がフォアチェッ
 クにきてプレーのしようがなかった。きれいなパスが通らないようなプレッシャーだったが、その中でも
 思い切ってチップボードにあてて外に出したりなど勝っている時のリスクのないプレーができていたこと
 はよかった。明日はもっとそこを詰めて、リスクを負わないプレーをして今日の様な失点を繰り返さない
 ようにしたい。失点は自分のミスが絡んで、相手が2人きていて、前にパスを出そうと思っていて取られた
 シーンからだった。減らさなければならない。真ん中につなぐといい展開に持ち込めるが、そこにミスが
 絡むと失点につながりやすい。チャンスか失点かが紙一重なので、時間帯で考えて使い分けていかなけ
 ればならない。第3ピリオドはフリーに打たす機会も多く、失点してもおかしくない展開ばかりだった。
 福藤選手の好セーブがあったので、DFも打たせないようにしなければならない。福藤選手ありきの試合
 だった。3連戦なので、今日勝ち点3取ったが、連戦で勝ち点を上回っていかなければならない。5点以上
 取るためにも、一試合一試合ではなく連戦で考えないといけない。明日もしっかり勝ち点を取って、日曜
 日につなげたい。

#16 齋藤哲也

 今日の勝利は素直に嬉しい。疲れもある中でイーグルスとの3連戦は重要になってくると思っていたので、
 まず一つ勝ててよかった。序盤から福藤選手がよく守ってくれていたので、ゴールに向かう姿勢を意識
 していた。鈴木兄弟がいいバトルから出してくれたので、皆のおかげである。これまでと変わらず一生
 懸命プレーすることはもちろんだが、いい意味で気が楽になってプレーができている。佐藤選手を中心に
 いいチーム作りができているので、これまでがむしゃらにやってきたがチーム作りは彼らに任せて、一歩
 引いてチームを見れている。まだまだオフェンス部分で満足はしていない。PPの確率を上げていかなけ
 ればならない。1点目はPP中でゴール前で寺尾選手と牛来選手が頑張ってくれて、跳ね返ってきたのを
 GKが見失ていたので冷静に打つだけだった。積極的にゴールに向かっていってこのようなシーンを多く
 していきたい。攻め上がる時に何度か攻め上がれなかったのがあったので、修正したい。400ポイント
 達成はこれまでのチームメイトのおかげである。同期も他のチームで頑張っている選手や、兄の毅選手も
 いる。少しでもアイスバックスに貢献できるように、ポイント取れるように一生懸命していきたい。

#25 ヨーナス・アランネ

 今日は試合を楽しむことができた。雰囲気もよく、チームの勝利であった。ベンチはもちろん、ロッカー
 ルームでも雰囲気がよかった。勝利して盛り上がった。全ての選手が今日いい戦いだと感じていると
 思う。自分たちのセットでケミストリーがよくて、自信がつく。ラインメイトがいいプレーができていく
 と思う。ゴールはゴールラインにパックがあったので、何度か叩いてはずしたが、3回目で押し込んだ。
 中2日で疲れはあるが、頭を切り替えて明日へ臨むしかない。

#18 古橋真来

 イーグルスはハルラにも2勝していているチームで誰が見てもいいチームである。また今日は古河電工の
 ロゴを背負って戦い、昔は王子に勝てなかったので、その分チームとしても大きな1勝になった。これから
 につなげていきたい。齋藤選手の2ゴールはプレーヤーで最年長だが、走って打って得点取ってくれて若手
 中堅に刺激となっている。背中で引っ張ってくれていて、チームをいい方向へ導いてくれている。3点目の
 ゴールは寺尾選手とアランネ選手はパックをキープしてくれるので、相手がパックに目がいき、ゴール
 前がフリーになった。スクリーンに入って待っていたが、坂田選手がいいシュートを打ってくれた。ゴー
 ル前にパックがあったので、冷静に決めれた。アシストはアランネ選手からいいパスがきて、キラー
 ホエールズ戦で3人で崩せたゴールがあり、それに近いゴールができた。連携がよく取れているので3人で
 取ったゴールである。この3人はアジアリーグでも足が速いセットなので、少しでも隙があれば、チャン
 スが作れる。相手の中島選手、高橋選手、小原選手の得点源のセットを抑えられたことも大きい。相手の
 GKは外国人選手でリーグでも勝敗を左右するポジションである。昨シーズンもファイナルまでいっている
 選手であるので、一本で得点はできないと思っていた。今日は効率よく得点できたが、どんな時でもGKに
 プレッシャーを掛けていかなければならない。明日以降へもいいダメージを与えられたと思う。ダメ押し
 のゴールは相手が追い上げてきていて得点を取りたい時間帯だった。寺尾選手にパックが出たときにベン
 チから出て、オフェンシブにフォアチェックを掛けていたので、呼んでいいパスがきて決めることができ
 た。決めれてよかった。序盤は前掛かりでピンチを招く場面もあったので、毎試合今日の様にうまくいく
 ことはないので、守って難しいプレーをせずに得点へ結びつけたい。第3ピリオドで簡単に失点してしまっ
 たのもあるので、次戦は1試合を通してDFが大事な展開になる。試合後水かけをされたが、チームメイト
 に支えられていいチームである。

#28 大津夕聖

 今日は古河電工のロゴをつけて戦ったが、今のバックスがあるのは古河電工アイスホッケー部があっての
 ことである。日光のファンに支えられて皆が現在につなげてきた。その名前が胸にあるだけで親近感が
 あり、父親が古河電工でプレーしていた時の名前を背負っていけることは嬉しい。父親のようなプレー
 ではなく、自分として昔よりこのリンクを盛り上げられるようにファンの皆さんに恩返しをしていき
 たい。勝利後ファンの皆さんの所に最後までいるのは、自分を変えたいという思いがある。元々は明るい
 キャラクターだと思っているので、今年はそういった今の自分を表に出せるようになってきている。ファ
 ンの皆さんに受け入れられて、もっともっとチームを盛り上げて変わっていきたい。今日いい勝ちをした
 ので、明日も勝たなければならない。

試合ダイジェスト

 
 
 

試合後インタビュー

 
 
 

フォトギャラリー

photo by A.K.art-works
  • グッズ購入