試合日程・結果

2019-2020シーズン 試合日程

vs クレインズ④

H.C.栃木日光アイスバックス
HOME
4 TOTAL 3
ひがし北海道クレインズ
AWAY
0 1P 1
2 2P 2
1 3P 0
1 OT 0
①#86 彦坂(#13)
②#18 古橋(#8)
③#53 寺尾(#25、18)
④#18 古橋
得点

アリペッカ・シッキネンヘッドコーチ

 勝ち点2だが、取れたことはよかった。ブレイクアウトもいい形でできていて、いいスタートが切れた。
 守りに対しては物足りなさを感じている。明日勝つためには守りの部分を修正しないといけない。ビハイ
 ンドからの同点、延長戦での逆転勝ちで、選手達は最後まで諦めなかった。修正点はDゾーンでのギャッ
 プを詰めてタイトにしないといけない。チームは前回の試合から切り替えて自信を取り戻して臨んでい
 る。立ち上がりを意識して調整をしてきた。明日はチームをより勝利に近づけるたえに準備したい。

藤澤悌史アシスタントコーチ

 立ち上がりよくなかったが、簡単な失点をしてリズムもよくなかった。その中でオフェンスゾーンでス
 ケートもでき、パックもキープできてていた。継続していきたい。ネットへ向かう姿勢はもう少し高め
 ないといけない。Dゾーンは明日へしっかり修正していかなければならない部分である。不必要な失点を
 していてはビハインドで厳しい展開になるので、明日避けないといけない。ギャップを作る前のマーカー
 を外してしまったり、ギャップを作る前のプレーで先をよみながらタイトに詰めていかなければなら
 ない。

#53 寺尾裕道

 同点ゴールは流れがこちらに向いてきていた所で、どうにか1点取りたかった。いいブレイクアウトから
 アランネ選手が最後いいパスをくれて相手キーパーを巻いて決めることができた。年内最後カードなの
 で、ホームで勝って次に向かいたい。

#18 古橋真来

 第1ピリオドは相手のペースで進んだが、第2ピリオドから気持ちを切り替えて自分たちのペースでやる
 ことができた。自分のミスで失点してしまい、スタートチームに迷惑をかけてしまった。そこからスイッ
 チが入った。いいプレーができた。第1ピリオドからラインはいいプレーができていたと感じていたが、
 点数を取ってこそなので、第2・3ピリオドで結果につながってよかった。試合を通してDゾーンでの守り
 の時間が短かった。オフェンスの時間がほとんどだったので、ルーズパックへのセカンドアクションに素
 早く反応してシュート打ってを繰り返してできた。1点目はその中で相馬選手がいいセカンドアクションし
 ていいコミュニケーションでゴール裏でフリーになって、キーパーが大型なので、ポスト際のレガースに
 隙があった所をうまく突けた。延長戦のゴールは一緒に出ているアランネ選手とスケートを得意にしてい
 る同士である。相手齋藤毅選手が出てきた時に、抜かれそうになったが、そこでフェイクをかけて戻ろう
 としたら足パックが当たって、次にアランネ選手がプレッシャーを掛けてパックをカットして浮いたパッ
 クをよんでいたので、ノーマークのような状況だった。キーパーとの我慢比べになり、スティックを出し
 てくるのを待っていた。股下があいたので冷静に決めることができた。2人の連携がよかった。オフェンス
 部分では粘り強くできたが、失点は簡単にしすぎている。継続して、ディフェンス部分は修正して明日へ
 臨みたい。キーパーを中心に守って、勝ち点3がほしい。今日の3点目のように5人全員で崩しての得点や
 泥臭いゴールをしていきたい。自陣から少ないパスでノーマークまで持って行けたので、きれいな形の
 ゴールができることは証明できたと思う。

#86 彦坂優

 やっとホッケーができて1試合目を終えることができた。自分の中でシーズンが開幕した。復帰へは不安は
 なかった。楽しみであり、自信に満ち溢れた感情が優っていた。復帰してチャンスがあれば積極的に
 シュートを打っていこうと思っていた。4か月のブランクでゲームスピードに目が慣れていない部分も
 あり、その中で少ないチャンスだと思っていた。あるチャンスはゴールに集めて何かしらチャンスを生み
 出そうという意識であった。ケガは選手人生の中でプレーする上でも一番使う部分だったので、大きな痛
 手であった。出場できない期間ストレスもあった。客席から仲間が戦っている姿を見て勝つと一緒に喜べ
 るが、負けた時は特に自分が出られない部分に悔しさを持っていた。限られた中で、最初はうまくリハビ
 リも進まなかったが、復帰の日を迎えられてよかった。ただケガをしたこともプラスに考えている。今日
 は第1・2ピリオドはゲームに慣れるのに時間がかかり、ミスも多かった。普段通りのプレーはできなかっ
 たと感じている。第3ピリオド以降はいつも通りの肺と足が戻ってきたので、明日は第1ピリオドから積極
 的にプレーをしたい。

#8 相馬秀斗

 アジアリーグ初ポイントだったが、たまたま古橋選手にパックが渡り決めてくれた。何かしたというのは
 ないが、ポイントできたのは一つステップアップできたと思う。まだまだ試合があるので、重ねていって
 チームの勝利に貢献していきたい。

試合ダイジェスト

 
 
 

試合後インタビュー

 
 
 

フォトギャラリー

photo by フォトスタジオ和楽
  • グッズ購入