試合日程・結果

2019-2020シーズン 試合日程

vs キラーホエールズ④

キラーホエールズ
HOME
2 TOTAL 4
H.C.栃木日光アイスバックス
AWAY
1 1P 1
1 2P 2
0 3P 1
得点 ①#23 鈴木(#16、28)
②#13 岩本(#30、28)
③#53 寺尾(#16、30)
④#53 寺尾(#9、54)

アリペッカ・シッキネンヘッドコーチ

 いいスタートが切れた。特に最初の8分は非常によかった。3週間試合がなかったので、試合の流れに乗れ  るか乗れないか心配したが、選手達がしっかり力を出してくれた。失点はミスからなので、リズムが悪く  なった。第2ピリオドは互角であったが、PPでスコアできたことがリードすることができた。守りは少し  足りない部分もあったが、いい攻撃でカバーできた。第3ピリオドはバランスでホッケーができた。全て  の面で選手のバトルレベルが上がったと感じている。終盤相手の攻撃も皆で守りチームがまとまりいい
 勝利である。井上選手は非常にいい動きでチームを救ってくれた。遠征で勝ち点3を取ったことは大き
 い。ただ明日も試合があるので、まだレベルアップしないといけない。毎試合レベルアップすることが
 目標なので、明日も戦いたい。

#9 佐藤大翔

 韓国遠征初戦を勝ち点3で終えれたのはとてもよかった。皆試合が久々なのでシンプルにプレーすることを  心がけていた。明日へしっかりリカバリーをして皆で一緒に戦って勝ち点3を取りたい。

#70 井上光明

 60分間で勝ちたい試合だったので、それができて安心している。序盤2度追いつかれる展開でリードを
 守りたかった。いいセーブもあったが、2失点したことは修正したい。このシリーズで勝ち点9を目標に
 して、明日も勝ち点3を狙ってがんばりたい。

#53 寺尾裕道

 最初いいテンポだったが、パスミスから相手に流れを持っていかれてしまった。苦しい試合になるかと
 思ったが、いい所でチャンスがきて決めれて勝ててよかった。明日は相手もハードに来ると思うので、
 バックスはそれを上回るハードさと正確さで少ないチャンスをモノにして勝ちたい。

#23 鈴木雄大

 ゴールで先制できたことはよかったが、自分のミスで同点にされてしまった。結果的に勝てたことは嬉し  い。古巣相手にいいゴールを決めたいと思って臨んだ。今日の様なゴールではまだ満足できないので、
 明日も積極的にゴールへ向かっていきたい。明日もゴールを決めて勝利に貢献したい。

フォトギャラリー

  • グッズ購入