試合日程・結果

2015-2016シーズン 試合日程

8月22日 プレシーズンゲーム

王子イーグルス
HOME
3 TOTAL 2
H.C.栃木日光アイスバックス
AWAY
1 1P 1
1 2P 1
1 3P 0
得点 ①#51 ボンク  (#23、10)
②#10 ディレイゴ(#21、51)

岩本裕司監督のコメント

動きもよく、システムも意識しながら実践することができた。ピリオドの終わりに失点したり、大事な
局面でペナルティーをしてしまうなど、失点に直結してしまい、勝つ試合をすることができなかった。
第2・3セット目の役割が重要になってくるので、スコアに絡む動きをしてほしい。
韓国のチームとの対戦では、1対1が強いチームが多いので、開幕戦を想定して、夏トレーニングしてきた、1対1のバトルがどのくらい通用するかを見てみたい。あと、フォアチェックのシステムがどのくらい選手が理解しているかを試したい。

#16 齋藤哲也選手

いいスタートが切れたが、反則が続き、キルプレーをしのげなかったのが敗因となり、自滅してしまった部分が多くあった。明日は、最後のプレシーズンマッチなので、勝つことだけでなく、しっかり内容も
よくしなければならない。いいゲームをしたい。

#61 春名真仁選手

第1・2ピリオドともに、リードして直後に追いつかれてしまい、しっかりリードを守らなければならない。特に、ピリオド終わり際の失点は、チーム全体で食い止めなければならない。古巣との対戦になったが、みんな見慣れた顔が多かったので、不思議な感じがした。落ち着いてプレーはでき、楽しみながら
試合に臨めた。フル出場で、課題も見つかった。キルプレーで2失点してしまい、パックを探す練習をしっかりして、開幕に備えたい。

#23 鈴木雄大選手

ファーストシフトで先制点を決めれて、いい流れを持ってこれたと思う。常に追いかけれられる展開で、チームが根負けしてしまった。セットでは、外国人が3人いるので、チームの主力として、確実に得点を
取って来ないといけないし、今日は2点取れたが、もっと取ってチームを勢い着かせないといけない役割だと思うので、明日も満足せず、点を取りに行きたい。

#9 佐藤大翔選手

立ち上がり、チームの動きもよく、いい感じで試合に入れたと思う。ひとつのミスからの失点が、リードを保てなかった展開にしてしまった。細かいプレーや、カバーできるところを、チームで精度上げていかなければならない。ピリオド5分切ってからの失点は、チームで守りの意識を共有して、DFが詰め過ぎないであったり、FWが高い位置にいるということが大事になってくると思う。

フォトギャラリー

  • グッズ購入