試合日程・結果

2014-2015シーズン 試合日程

10月5日 日本製紙クレインズ戦(日光霧降)

H.C.栃木日光アイスバックス
HOME
5 TOTAL 2
日本製紙クレインズ
AWAY
2 1P 0
1 2P 2
2 3P 0
①#51 ボンク
②#34 高橋
③#48 上野
④#48 上野
⑤#48 上野

         観客数:1,322人
得点

岩本裕司監督のコメント

昨日の第3ピリオドのように、バックスがやらなければならいないホッケーをスタートからすることができたのが、勝因であった。体も張っていたし、クレインズの飛び出すFWに対しても、選手がケアしてプレーすることができた。第2ピリオドに失点が重なった時は、軽いプレーが見られたが、ようやく60分通してバックスらしいホッケーをすることができた。上野選手とボンク選手のラインがうまく機能したのは、収穫であった。

選手コメント

ヘンリーアシスタントコーチ
60分間を通して、気持ちの入ったプレーをすることができた。特に清川選手のプレーが印象的であった。今までと違い、チャンスで得点をきめることができたのは、収穫であった。

#34 高橋選手
連敗脱出については、いつかは止まると思っていたが、正直ほっとしている。立ち上がりをしっかりプレーして失点を防いで、チームとしてゲームに入れたのが勝因になった。ゴールについては、ゴールに流すことを意識していただけだったが、チームの勝ちにつながったので、よかった。火曜日も、この流れを続けていきたい。

#48 上野選手
やっと自分らしいプレーができたと思う。試合の入りから、体も軽く感じ、今日は行けるという思いはあった。第2ピリオド終盤に勝ち越しゴールを決めて、第3ピリオドに流れを持っていけて、とても大きな意味を持ったゴールとなった。調子としては悪くない状態であったが、数字として結果がでたので、自信にして、火曜日も調子を維持したい。この1勝だけではなく、2勝、3勝として、チームも乗っていければと思う。この3連戦終わりでアウェイになるので、火曜日は必ず勝ちたい。

詳しくは、アジアリーグHPをご覧下さい。

フォトギャラリー

  • グッズ購入