試合日程・結果

2014-2015シーズン 試合日程

2月13日 デミョンサンム戦(コヤン)

デミョンサンム
HOME
3 TOTAL 4
H.C.栃木日光アイスバックス
AWAY
0 1P 0
2 2P 1
1 3P 2
0 OT 0
0 WS 1
得点 ①#48 上野 (#51、5)
②#23 鈴木 (#51、54)
③#30 牛来 (#6、7)
④#51 ボンク(GWS)

岩本監督のコメント

DFゾーンでばたついた部分はあったが、全員でインサイドをしっかり守ったり、シュートに対して体を
張ったり、スティックを出すなど、相手のシュートをゴールまで届かせなかったのが勝因になった。
明日も今日のような守りの意識を高くして、継続して勝ちたい。

#16 齋藤哲也

前回の試合では、点の取り合いで9失点してしまい、まずは失点を押さえようと試合に臨んだ。最初は思うように決め切れず、我慢のホッケーが続いたが、全員で耐えて最後はGWSまで行って、勝利することができた。韓国遠征で初勝利となって、嬉しい。リーグ残り少なくなり、サンムとの順位争いもあるので、明日はしっかり勝って、順位を上げたい。

#38 小野航平

最近ふがいない試合が続いていたので、一度頭の中を整理し、基本に返ってプレーすることを心掛けた。夏までにやっていたことを思い出して、プレーしたのがよかった。シーズンが経過する中で、癖などの部分も気をつけた。今日はラッキーな部分やDFに助けられた部分もあるので、プレーに深みを持って、勝利に貢献したい。

#30 牛来拓都

チームとして、まず守りからターンオーバーを減らし、失点を減らすことを考えて、シンプルなホッケーをして、リズムを掴もうと試合に臨んだ。同点の場面は、#6 室谷選手がいいパスが来たので、ゴールへ押し込むだけだった。前回の試合よりチームとして守備面で意識が高かったので、継続しつつ、自身は2試合連続ゴール目指して、得点を決めたい。

詳しくは、アジアリーグHPをご覧下さい。

フォトギャラリー

  • グッズ購入