試合日程・結果

2017-2018シーズン 試合日程

vs ハイワン

High1
HOME
2 TOTAL 3
H.C.栃木日光アイスバックス
AWAY
1 1P 0
0 2P 2
1 3P 1
得点 ①#21 モイシオ(PS)
②#9 佐藤  (#53、18)
③#18 古橋  (#91、74)

アリペッカ・シッキネンヘッドコーチのコメント

スタートからいい動きで第1ピリオドは先制こそされたが、バックスのホッケーができていた。第2ピリ
オドで、逆転はできたが、いいピリオドではなかった。スコアできたが、その中でも、GK小野選手の
動きが非常によく、何度も助けられ、スコアにつながった。よくない反則も多かったので、反省点で
ある。勝ち点3を取れたことはよかったし、失点が続いたPKでも皆で守っていた。PSだったが、モイシオ選手が初ゴールでチームが盛り上がったのも大きかった。

#16 齋藤哲也選手

難しい試合だったが、60分間で勝って、勝ち点3を取れたことは評価できる。まだまだチームはいい時も悪い時もあるが、プレーオフへ向けて、もっと状態を上げていきたい。試合内容はもちろん、残り試合で勝ち点9を積み上げて、遠征を終えることが大事になる。全ての試合で60分間勝ちをできるように、チーム一丸となって戦いたい。

#91 齋藤毅選手

アジアリーグ通算500ポイント達成の記録に関しては、喜びたい。なにより、試合に勝利できたことも
嬉しい。先日の500試合出場達成の時も同じだが、色々な人に支えられて、記録がついてきて感謝して
いる。アシストに関しては、古橋選手がずっとゴール前で粘ってくれていたので、そこに出すことが
できて、よかった。まだまだ通過点で、先を狙って、毎試合毎試合恩返しできるようにプレーをして
いきたい。

#38 小野航平選手

勝ち点3を取れてよかった。正確なポジションに入ること、安全に、なるべくホイッスルを増やすことを
意識していた。先発に向けて、前々から準備をして、自分の出番に備えたので、それを発揮するだけだった。次もこの流れを作れるように、チームの勝利に貢献できるように準備したい。

#21 パトリック・モイシオ選手

内容としてはよくはなかったが、勝ち点3を取れたことはよかった。PSでは運もあって、決めることが
できた。長い遠征だが、コンディションは上がってきていると感じている。今日の試合ではチームのまとまりが少し足りなかったので、明日は新しい試合でまとまって勝ち点3を取りたい。

#18 古橋真来選手

流れが悪く、自分達のペースに持っていけなかったので、厳しい試合だった。その中で、最後全員で守って勝ち点3を取れてよかった。ゴールシーンは、流れが悪かったので、第3ピリオド開始早々に点を決め
れて、チームに貢献できたと思う。齋藤毅選手からのパスだったので、記録達成の瞬間をともにできた
ことも、大きな勉強になる。偉大な先輩を超えれるような選手になりたいと思う。遠征中コンディションがいいので、明日はチームとしてスピードとパスのいい試合をしてバックスのホッケーをして勝って、
勝利をファンの皆さんに届けたい。

フォトギャラリー

  • グッズ購入