試合日程・結果

2017-2018シーズン 試合日程

vs 王子イーグルス

王子イーグルス
HOME
2 TOTAL 4
H.C.栃木日光アイスバックス
AWAY
1 1P 1
1 2P 0
0 3P 3
得点 ①#88 寺尾(#33、74)
②#91 齋藤(#88、33)
③#91 齋藤(#33、74)
④#88 寺尾(#74、33)

アリペッカ・シッキネンヘッドコーチのコメント

今日はチーム全員が戦った。王子を相手には開幕で連敗し、難しい試合になることが予想されたが、チーム一丸となったアウェイで勝てたことは大きな自信になる。特にPP・PKがよかった。スペシャルプレーで勝機を掴んだ。第3ピリオドは、選手達がしなければならないプレーを理解して、1ショット、1つのパスといいプレーを積み重ね、同点になれば流れが来ると思っていた。ここ数試合、よくない状態であっ
たが、過去には戻ることはできない。選手達は、しっかり気持ちを切り替えて臨んでくれた。勝たなければならない状況で、ベストな状態に持ってきてくれた。明日も試合があり、勝って勝率5割、4位でホームでのプレーオフがスタートできるように、ベストを尽くしたい。チームはもちろん、これまで応援してくれたファンの皆で勝ち取ったプレーオフだと思う。どんな時でも、新しいホッケーを信じてくれて感謝している。バックスは、監督・コーチ・選手・スタッフだけのチームではない。ファンと一緒に戦い、前へ進んでいるチームである。アウェイでも選手に力を送ってくれるファンの存在はいつも助けてくれる。
少しだが、恩返しができてホッとしている。まだまだ戦いのスタートラインに立っただけなので、頂点を掴むために、バックスのホッケーを進化させていきたい。

#16 齋藤哲也選手

攻められる時間帯が多く、守る時間が多かったが、福藤選手を中心に我慢して、皆で守れて、しのげた。その中で、ワンチャンスをモノにできたことが勝利につながった。チームの状態がここ数試合よくなかったが、新しいことに取り組む訳ではなく、もう一度やってきたことを確認し、チームの皆を信じて、自分達はやれるんだと話してこの1週間すごしてきた。勝っていかなければ自信にならないので、連敗を止めれたこともよかった。上を目指す中で、明日勝たなければならない。同じホッケーをすると話し合った中で、今日いい方向に結果が出たと思う。勝たなければならない試合で、第2ピリオドシュート3本で、終わりでゴールに向かうことをFWに限らず、DFも確認し合ったのが、逆転につながった。2点目の齋藤毅選手のゴールはそれが現れたシーンだった。あと1試合残して、プレーオフ進出を決めることができて、正直
ホッとしている。ロッカールームでは、皆に感謝している旨を伝えた。皆が欲しがっていた勝利だった
ので、チームの雰囲気もいい。明日勝てば順位も上がるので、勝つことだけに集中して、油断すること
なく、ホームでプレーオフがスタートできるように、向かっていきたい。

#91 齋藤毅選手

先制され、嫌な雰囲気であったが、追いつき、第2ピリオドでもリードされて終えたが、皆我慢して守って、終盤チャンスをモノにして勝てたことはよかった。開幕戦では、相手の早いフォアチェックに翻弄されたが、今日は、若い選手、DF陣も1対1で自信を持ってやっていて、抑えてくれたことが大きかった。
成長している部分だと思う。2ゴールで二桁ゴールに乗り、個人的には目標としていたので嬉しいが、それ以上にプレーオフ進出が決まったことが嬉しい。区切りではあるが、明日勝って、ホームでプレーオフをスタートできるので、気持ちを明日へ切り替えて、臨みたい。ゴールについては、まず追いつきたいと
いう気持ちで向かっていった。寺尾選手からいいパスが来て、周りにスペースもあったので、サイドを
走って、トライしてみた。同点にして振り出しに戻せたので、後は我慢比べだと思っていた。接戦になるとチャンスはあると思っていたので、信じてプレーをしていた。ここ数試合、力負けではなく、もったいない負けを繰り返していたので、我慢、一緒に戦うことだけを考えてやってきた。この勝ちが、払しょくしてくれて、いい方向に向かうと思うので、明日は何としても勝ちたい。今日のように苦しい展開になっても、諦めず我慢して、有利な展開でも油断せず、勝ちにこだわりたい。

#44 福藤豊選手

混戦したリーグの状態で、プレーオフ進出を決めれたことは自信につながる。試合にはいつも通り準備して、いつも通りプレーができるように臨んだ。立ち上がり相手のペースになりかけていたが、そこで自分達のプレーを変えずに貫けたことが、第3ピリオドでの逆転につながったと思う。自分達がやっていることを信じ直して、やっていかなければこの先は厳しいと思うので、いい自信になった。ベテラン選手の活躍で、こういった試合では気持ちの入り方も違うし、そういった場面で経験のある齋藤毅選手を始め、勝ちにつなげたり、貢献したこともは、若い選手へいいお手本となったと思う。今のチームに必要なことで
ある。明日は、プレーオフ進出を掛けていた今日から、4位を掛けた一戦になり、混戦のリーグ戦の象徴である。まずはプレーオフが決まっているので、今日のような変な緊張感なく試合に入れると思うので、4位を勝ち取りたい。プレーオフまで2ヶ月以上空くが、試合は続いていく。何も変えることはなく、ジャパンカップを目の前に、しっかり準備をして、一戦一戦戦うことを大切にしたい。

#74 河合龍一選手

今日は堅さが見られ、スタートよくなかった中で、我慢の時間帯が続いたが、チーム一丸となって、戦うことができた。堅くなってもいいから、最後の最後で我慢したり、失点しないように、チームのために
犠牲になるプレーをしようとベンチで話していた。うまくいかない時間帯でも、チームプレーができた
ことが勝因となった。自分達の流れがくるまで、しっかり失点を押さえて、最後とどめをさすのが今日の考えであった。第3ピリオドまで足も動いていたし、我慢した分、ダメージを与えることができた。バックスらしい素晴らしい戦いだった。プレーオフ進出は、これまで最後滑り込む形で、あっさり決まることが多かったが、今年は5枠ということもあり、最後足踏みもあったが、この1週間いい準備をして、今日勝って決めることができると確信して今日の試合には臨むことができた。前の試合ホームで決めたかったが、チーム全体がここで決めないといけないという雰囲気の中、自滅してしまった。そう簡単にはいかず、
大きな課題を突き付けられた。この2週間で、全日本選手権でも結果を出せず、進出が決まった時は、
皆苦しんだ顔や、それでも前進しなければならない思い、会場に来てくれたファンの気持ちや、速報で
応援をしてくれているファンの気持ちを考えて、興奮している。一緒に喜んでくれる人がいるからこそ、頑張れるので、よかった。明日は霧降でのプレーオフ初戦が掛かった大事な試合になる。もちろん勝ちにいく。また王子とも当たるので、相手にメッセージを送って、タフなチームだということを考えさせる
ような試合をしたい。

#88 寺尾勇利選手

序盤に失点して、流れが悪くなったが、皆我慢して、攻守ともに諦めないで一生懸命プレーをしていた。必ずチャンスがくると思ってプレーをしていた。ゴールは、PPで時間がなかったので、全員シュートを
打とうと意識でプレーしていて、DFがシュートを打ったのが、たまたま自分の所にパックが出たので、
シュートの準備もできていたので、打つだけだった。プレーオフへ向けて一喜一憂していられない状況は続く。明日も試合があり、しっかり勝って、王子とはプレーオフで戦うので、嫌なチームだとイメージを与えられるように、しっかり戦いたい。王子との対戦では、マークも厳しいのは予想されていたので、
プレッシャーに来る中で、齋藤哲也選手や毅選手と連携することで、選択肢を増やすことができるので、周りを使って明日も崩していきたい。プレーオフへ向けて期間が空くが、一段階コンディションを上げて、ジャパンカップでもレベルアップして、入れるようにしたい。

#28 大津夕聖選手

今日はしっかり守れていた。コミュニケーションも取れていて、チーム一丸となって守れたことが勝利の要因となった。プレーオフ進出するためにも勝利が必要だったので、皆頭にしっかり入っていたと思う。今シーズンはリーグが混戦で、一試合一試合の重みをすごく感じた。勝つのと負けるのでは大きな違いなので、今日は勝つことができたので、自分の中では、勝利できたことが大きかった。昨シーズンより一段階増して嬉しさがあった。今日も多くのファンの声援が力となり、終盤にはさらに声援が大きくなって、ホームで試合をしている感じがした。これがバックスだなと思った。プレーオフへ向けて、ジャパンカップでもしっかりチームとして結果を出して、いい流れで入れるようにしたい。また、明日は4位を目指しての一戦なので、ホームスタートができるように、体を張って、貢献したい。

試合後選手インタビュー

フォトギャラリー

photo by A.K.art-works
  • グッズ購入