チーム

チーム 2014年11月16日 更新

齋藤 哲也選手 アジアリーグ通算100ゴール記録達成

H.C.栃木日光アイスバックスは、本日11月15日(土)、新横浜スケートセンターにて、アジアリーグアイス
ホッケー2014−2015、王子イーグルス戦(3回戦)にて、アジアリーグ通算100ゴールを達成しましたので、お知らせ致します。

齋藤選手は、2002年に駒沢大学付属苫小牧高校を卒業後、王子イーグルス(当時:王子製紙アイスホッケー部)に入団。1年目からレギュラー選手として活躍し、2年目には日本代表選手にも選出されました。
その後も王子イーグルスの中心選手として活躍し、2010-2011シーズンからは同チームにて主将を務め、
2011-2012シーズンアジアリーグ制覇に大きく貢献しました。
2012-2013シーズンより、アイスバックスへ移籍し、今シーズンより、主将を務めています。
豊富な運動量と高い技術、リーダーシップを合わせ持つ選手として、バックスの中心的選手です。

以下、プロフィール詳細はご覧の通りです。

齋藤哲也(さいとう てつや)
16_Saito(2013)-hp  
 ■背番号:16
 ■ポジション:FW 
 ■生年月日:1983.12.14
 ■出身:北海道釧路市
 ■身長・体重:176cm、77kg
 ■ホッケー歴:駒沢大学付属苫小牧高校-王子イーグルス
 ■代表歴:世界選手権代表      7回
      オリンピック予選代表   2回
      世界U-20選手権     3回
      世界U-18選手権     2回
■齋藤選手コメント
「100ゴールに関しては、自分一人で達成したのではなく、チームメイトのおかげだと思っている。チーム
 メイトにとても感謝している。しかし、試合には、負けてしまったので、手放して喜べないのが素直な気持ち
 である。達成はしたが、まだまだ通過点なので、これからも自分のゴールだけでなく、勝ちにつながるプレー
 を一つ一つ積み重ねていきたい。」