スクール

スクール 2019年04月03日 更新

「第6回クラブチャレンジ」にバックスJrが参加

3月29日(金)~3月31日(日)の期間で磐梯熱海アイスアリーナで開催された
「第6回クラブチャレンジ」にアイスバックス ジュニアが参加致しました。
今大会は、首都圏ジュニアの低学年、高学年の2チームが参加しました。
今年も日本全国から様々なチームが参加し、ハイレベルな戦いが繰り広げられました。
この大会は日本国内全てのアイスホッケーキッズに夢と目標を持ってもらえるように、
出場選手全てに試合という経験の場を与え、またチーム・選手間の交流を図ることを目的と
しています。大会の実行委員はアイスバックスOBの小林智紀氏(在籍:1999-2002)が
携わっています。


バックスJrは低学年チーム10名 高学年チーム20名が参加しました。
低学年チームは5戦全勝で見事優勝いたしました!
また高学年チームは強豪相手に善戦しましたが2勝2敗で第7位の結果で終わりました。



試合結果

Bプール(低学年チーム)

vs フリーブレイズ八戸A 6-1で勝利
vs 苫小牧レッズ     4-0で勝利
vs スマイル&ドリーム  14-0で勝利
vs 郡山Jr       26-4で勝利
vs フリーブレイズ八戸B 5-3で勝利


Aプール(高学年)

vs フリーブレイズ八戸B 4-2で勝利
vs スマイル&ドリーム  3-6で敗戦
vs 十勝ジュニア     0-5で敗戦
vs 郡山Jr       5-1で勝利

大会中に東北フリーブレイズの選手達とのエキシビジョンゲームも組まれており、
子供達も防具姿の選手達の大きさに圧倒されながらも、懸命にプレーをして
交流をしてもらいました。
今回の大会を通じて、普段アイスタイムの少ない選手達も試合経験を通じて
多くの経験を積むことが出来ました。



大会後には全チーム揃ってのレセプションが行われ、世代や地域の垣根を超えて
子供達が交流をはかり、新しい友好の輪が広がりました。
大好きなアイスホッケーを通じて新しい友達や仲間を増やし、充実した3日間と
なりました。


アイスバックス ジュニアでは、これからも試合形式の実践を多く積めるように
大会参加などこれからもジュニア選手の育成に励んでいきたいと思います。
また、大会開催にあたりご尽力頂きました東北フリーブレイズの皆様はじめ、
郡山Jrのご父兄の皆様、福島県アイスホッケー連盟の皆様など、
大会関係者の皆様にはこの場をお借りして御礼申しあげます。
ありがとうございました。