チーム

チーム 2019年12月12日 更新

岩本 和真選手が日光市と業務委託契約を締結

H.C.栃木日光アイスバックスは、H.C.栃木日光アイスバックス所属の岩本和真選手が
日光市と業務委託契約を締結したことをお知らせします。

日光市と地元プロスポーツチームである「H.C.栃木日光アイスバックス」が地域活性化を
目的とした連携の一環で、岩本選手のプロ選手としての知識や経験、海外留学で習得した
国際感覚・語学力等が考慮され本契約に至りました。選手活動を優先としながら、
地域活性化のために業務にあたります。

なお、岩本選手は日光市役所本庁舎3階・総合政策課にデスクを置き、不定期ですが
勤務しています。


大嶋一生日光市長コメント

 日光市にプロスポーツチームがあることは誇りであり、その誇りを市民が共有する
 ことは、私が目指す「日光プライド」につながるものと捉えております。
 このため、日光アイスバックスと連携を図りながら、市の施策を展開することは、
 「日光プライド」の醸成や地域活性化を進める観点から、重要と考えています。
 このたび、その一環として、海外留学の経験から堪能な語学力を有している
 「日光アイスバックス副キャプテン 岩本和真選手」と業務委託契約を結び、
 市民がプロスポーツ選手を身近に感じる機会を提供するとともに、英語力を活かした
 学校支援、国際交流など多方面で市の施策に関わっていただくことになりました。
 加えて、プロスポーツ選手としての視点から、地域活性化に繋がる企画を立案して
 いただくことも期待しているところです。
 この取り組みをはじめ、今後も、より一層日光アイスバックスとの連携強化を図り、
 「日光アイスバックス」と「日光市」が共に輝きを増す取組を進めて参りたいと
 考えます。
                            日光市長 大嶋 一生

岩本和真選手コメント

 この度、プロアスリートとして、日光市と業務委託契約を結ぶこととなりました。
 私たちアイスバックスの選手は、市民の皆様の支えがありプロとしてアイスホッケーを
 続けさせて頂いております。
 この業務委託契約をきっかけに、私が海外留学で経験したこと、そして今プロアス
 リートとして経験していることを活かし、地域活性化に繋げていきたいと思っています。
 そして全国に日光市の素晴らしさを発信していきたいと考えています。