チーム

チーム 2015年01月25日 更新

デイビッド ボンク選手 アジアリーグ通算100ゴール記録達成

H.C.栃木日光アイスバックスは、本日1月25日(日)、青森県八戸市、テクノルアイスパークにて、アジアリーグアイスホッケー2014−2015、東北フリーブレイズ戦(6回戦)を行い、FW #51 デイビッド ボンク選手が
アジアリーグ通算100ゴールを達成しましたので、お知らせ致します。

ボンク選手は、カナダのマニトバ州ブランドン市出身。2004年にノーザンミシガン大学(アメリカ)を卒業後、同じくアメリカのモーターシティー(UHL)に入団。その後、北米、オランダ、ドイツ、ノルウェイのプロリーグに所属し、世界の最高峰リーグであるNHL(ナショナルホッケーリーグ)の一つ下部のリーグであるAHL(アメリカンホッケーリーグ)のチームに所属したこともあります。
2011-2012シーズンより、アイスバックスに加入し、初年度には、チームをプレーオフへ導く活躍で、以後毎年チームの中心選手として、高い得点能力を発揮しています。そして本日アイスバックス在籍4シーズン目での100ゴールを達成しました。

以下、プロフィール詳細はご覧の通りです。

■デイビッド ボンク(Bonk Dave)
51_Bonk(2013)-hp
■背番号:51
■ポジション:FW
■生年月日:1982.5.5
■国籍:カナダ
■身長・体重:181cm、90kg
■ホッケー歴:ノーザンミシガン大学→モーターシティー(UHL)→ベイカーズフィールド(ECHL)→
       コロンビア(ECHL)→ティルバーグ(NED)→クリミッチャウ(2GB)→ベーカーズフィー
       ルド(ECHL)→ルドーマングルラッド(NOR)→オクラホマ(AHL)→テキサス(AHL)→
       アレン(CHL)

■ボンク選手コメント
「100ゴールという記念となるゴールをきめることができてよかった。チームメイトに感謝したい。しかし、
 シーズン中なので、ここ何試合か自分もゴールを決めることができずに、チームも停滞してしまった。また、
 今日試合も負けてしまったので、残念な部分の方が大きい。今は自分のプレーも、チームのプレーでも満足
 できていないので、今何かを変えたり、修正する必要がある。ホームに戻って残りのシーズン、特に間近に
 迫った王子戦に向けて調子を上げて、もっと得点をしていきたい。」