チーム

チーム 2015年02月27日 更新

上野拓紀が「最多得点選手賞」、「最多ポイント選手賞」獲得、
同時に「ベストFW」表彰受賞

本日(2015年2月27日(金))、アジアリーグアイスホッケージャパンオフィスよりアジアリーグアイス
ホッケー2014-2015シーズン、レギュラーリーグの表彰者を発表し、H.C.栃木日光アイスバックスからは、
上野拓紀選手(FW 背番号48)が「最多得点選手賞」「最多ポイント選手賞」の2冠を獲得したと同時に、
「ベスト6」における「ベストFW」を表彰を受賞しました。
上野選手のプロフィールに関しては、下記をご覧下さい。

■上野 拓紀(うえの ひろき)
「最多得点選手賞」「最多ポイント選手賞」獲得、「ベスト6」における「ベストFW」を受賞
プロ6年目の上野選手は、今シーズンレギュラーリーグ全試合に出場し、昨シーズンの27得点を上回る、
40得点で、また得点とアシストを合わせたポイントでも80ポイントと、自己キャリアハイの成績を収め
「最多得点選手賞」、「最多ポイント選手賞」を獲得、同時に「ベスト6」における「ベストFW」表彰を受賞しました。
チームは、レギュラーリーグ8位の成績となり、プレーオフを逃したものの、上野選手は、攻撃の中心選手
として、チームの得点源の活躍をしました。今回の賞獲得・受賞は、レギュラーリーグでの、自身初の個人タイトル獲得・受賞となります。

<プロフィール>
48_Ueno(2013)-hp 
ポジション:FW
背番号:48
生年月日:1986年4月8日
身長・体重:178cm、80kg
ホッケー歴:長野・犀陵中→釧路武修館高校→早稲田大学→High1
代表歴:世界選手権代表6回

上野選手コメント:
「このような名誉ある賞を獲得できた事を嬉しく思います。これもチームメイトやスタッフ、ファンの皆さんの
 支えがあったからです。心から感謝しています。自分のやってきたことが間違っていなかったことも実感
 でき、これからも日々努力を重ねていきます。」

アジアリーグアイスホッケー2014-2015シーズンレギュラーリーグ全表彰者については、
アジアリーグ公式ホームページをご参照下さい。
アジアリーグアイスホッケー(http://www.alhockey.jp/