ハピトチ

ハピトチ 2015年07月17日 更新

7月17日 日光市立三依小・中学校を訪問

7月16日(金)日光市立三依小・中学校を高橋淳一選手、スタッフの
福田淳(行政/地域担当)が訪問し、「ハピトチ」の活動を行いました。
小学生2~6年生、中学生1・2年生7名の生徒さんを対象にレクリエーションと
「夢」についての講話を行いました。
HP1

レクレーションでは、手叩き時計ゲーム、ボールを使っただるまさんが転んだで、
仲間と相談し、話しあうことで、ゲームをクリアすることに挑みました。
生徒の皆さんが、意見を出し合い、真剣にクリアするために一致団結していました。
最後は、生徒さん、先生皆で仲間と共に向かっていくチームワークの大切さを
学んでもらいました。
高橋選手も生徒に交じって、笑顔も見られ、一緒に素晴らしい時間を過ごさせて
もらいました。
HP11
HP6

講話では、高橋選手が小学生、スタッフの福田が中学生のクラスで
「夢」について話しをしました。
高橋選手がホッケーを通じて夢を実現するためにしてきた夢曲線を披露し、
実際に生徒の皆さんの「夢」を聞いて、実現するためのプロセスを話し合い、
「楽な方を選ぶのではなく、そこに立ち向かう勇気を持ってほしい」
という言葉は、生徒の皆さんも、真剣に聞き入っていました。
現役生活20年を迎え、数々の困難・苦悩を乗り越えた高橋選手だからこそ、
伝わる「言葉の重み」を感じました。
HP8
HP10
HP12
             (2015年度ハピトチ活動実績、3校訪問、計180名)

今回の活動は、アイスバックスの地域密着活動『ハピトチ』の一環となります。
「ハピトチ」の活動は、「地域密着」を活動理念の一つとして掲げており、
チームと地域の皆様、ファンの皆様との距離を縮め「おらがチーム」となれるよう、
様々な地域密着活動に取り組んでおります。

また、各種学校訪問による青少年健全育成や、地域交流を始めとした様々な活動を通じて、
アイスホッケーの普及・育成や地域振興に貢献し、スポーツ文化を守り、育て、未来へ継承
していくことを目的に活動しております。

日光市立三依小・中学校の小学生2~6年生、中学生1・2年生の生徒の皆さん、素敵な
笑顔・時間を頂きまして、ありがとうございました。
皆さんの笑顔が、アイスバックスの”宝”となり、力となります。
HP7