チーム

チーム 2016年01月16日 更新

アイスバックJr. ライトハウストーナメント2年連続優勝!

H.C.栃木日光アイスバックスは、 ニューヨークで開催されたジュニアアイスホッケー大会
「ライトハウスインターナショナルトーナメント2016」にて、アイスバックスジュニアが
優勝しましたので、お知らせします。
なお、日本のチームが同トーナメントで優勝するのは、昨年に続き2年連続になります。
               IBjr

ライトハウスインターナショナルトーナメント2016は、 2016年1月12日〜2016年1月16日に、
アイスバックスが業務提携先である、NHL ニューヨークアイランダースの本拠地ニューヨーク州
ツインリンクスアイスセンターで行われ、アイスバックスジュニアから、栃木県、首都圏の
アイスバックスジュニアメンバーのセレクションチームとして12名の派遣していました。
同大会には、アメリカ、フィンランド(テロの影響で棄権)、中国、日本の7チームにより
総当たり式のリーグ戦が行われました。
試合の詳細、監督・選手コメントは、下記の通りです。

日時:   2016年1月12日(火)~1月16日(土)
ゲーム名称:ライトハウスインターナショナルトーナメント2016
会場:   ツインリンクスアイスセンター(アメリカニューヨーク州)
結果:   アイスバックスジュニア6戦全勝

■セルジオ越後シニアディレクターコメント
 SD_Sergio_hp
「まずは、今回の大会を企画して、お誘いをいただいたニューヨークアイランダース、
 またご支援頂いたスポンサーに感謝したいです。バックスジュニアが昨年に引き続き
 海外トーナメントで優勝するのは、とても意味あることです。子供達が早い年齢で多くの
 刺激を受けて育っていくことで近い将来この選手達が本場でプロを目指したり、
 アイスバックスに入団してプレーしてくれることを願っております。引き続き、今後も
 活動を続けて日本のアイスホッケーを発展させて行きたい。」

■小平憲彦監督コメント
 headcoach _Odaira
「大会優勝については素直に嬉しいです。貴重な経験を応援してくださった企業の皆様にも、
 いい報告ができるので何よりです。今回は試合で結果が出た事は素晴らしいですが、海外遠征での
 貴重な経験として、異文化に触れられた事や他国の友達を作ったりと子供達の良い刺激を
 与えられた事が嬉しい。態度や取り組み方が素晴らしいと多くの方々に褒められたことが勝ったことよりも
 誇らしい。結果に満足することなくこれからも子供達を指導していきたい。」

■井口 藍仁キャプテンコメント
 lighthouse2016_img_iguchi
「優勝できて嬉しいです。ニューヨークに来られたことを感謝しています。お父さんやお母さんに
 ありがとうと言いたいです。これからもホッケーをもっともっとうまくなるように、頑張ります!」