チーム

チーム 2017年02月13日 更新

2月12日 熊本地震チャリティ ドクタールーペカップin日光を実施

平成28年4月14日に熊本県熊本地方を震央とする地震で、犠牲者並びに被災者の皆様には、
お見舞い申し上げます。

2017年2月12日(日)ドクタールーペ株式会社と共同で、復興支援を目的とした
「熊本地震チャリティ ドクタールーペカップin日光」を開催しました。
DSC_6969HP
 
アイスバックスでは、犠牲になられた方、被災された方を、アイスホッケーを
通じてまた、スポーツの力で、一刻も早い復興を願い、ドクタールーペ株式会社と共同で、
復興支援を目的としたチャリティマッチを行いました。
DSC_7005HP

ドクタールーペファインダース 対 H.C.栃木日光アイスバックスで行われた当マッチには、
アイスバックスOB選手も多数出場し、1,000人近い皆様にご来場頂きました。
DSC_1456HP
DSC_1557HP
DSC_1439HP
DSC_1852HP
IMG_2318HP

当日は、募金箱を設置し、686,395円の義援金が集まりました。
皆様のご協力に、この場をかりて、お礼申し上げます。
この義援金は、昨日ドクタールーペ株式会社へ全てお渡しし、震災復興へ寄付致します。
なお、寄付先に関しては、後日改めてお知らせ致します。
DSC_6959HP
IMG_2180HP
IMG_2183HP

ドクタールーペ株式会社 平子勝之進 代表取締役コメント
「本当に多くの方にご来場頂いて、感謝しています。チャリティを通じて、一人でも
 多くの方に、気持ちが伝われば、嬉しいです。自分自身は九州出身で、もっと早くに
 実現したかったが、時間が経ってしまったが、忘れてはいけないという思いは
 伝えられたかと思います。
 これまで開催した中で、ここまで多くの方に来場してもらったのは初めてなので、
 霧降で行うことで、少しでも復興へ和を大きくできたのなら、少しは役立てたと
 思います。また、アイスバックスには、シーズン中にも関わらず、ここまで協力して
 くれたことを感謝します。」

H.C.栃木日光アイスバックス 岩本和真選手コメント
「この度、ドクタールーペ株式会社より、震災復興へのチャリティマッチで機会を
 作って頂いたことに感謝しています。選手全員が何か、少しでも力になることが
 できればと思い、当日を迎えた。対戦相手には、OB選手や、知り合いの方が多くいて、
 福沢選手や飯村選手のように、一緒にプレーした選手とまた氷の上でホッケーが
 できたことは、嬉しかったし、貴重な経験になりました。
 皆楽しんでプレーしていて、少しでも気持ちが伝わればと思います。
 アイスホッケーを通じて、こういった場がもっともっと増えていくことを感じました。
 地域密着で、地域の方々に支えられてチームは成り立っています。
 アイスホッケーを通じて、少しでも恩返しができればと選手も思っているので、
 今後も活動を続けていきたいです。」

DSC_7032HP