チーム

チーム 2017年10月10日 更新

10月10日 齋藤毅選手 アジアリーグ通算500ポイント達成

H.C.栃木日光アイスバックスは、10月10日(火)アジアリーグアイスホッケー2017-2018、
ハワイン戦(1回戦)(第3ピリオド40分33秒)にて#91 齋藤毅選手がアシストを記録し、
アジアリーグ通算500ポイントを達成しましたので、お知らせ致します。

齋藤毅選手は、駒大苫小牧高校を卒業後、雪印乳業アイスホッケー部に入団。2002-2003シー
ズンからは王子イーグルスに移籍。2013-2014シーズンには、アジアリーグMVPを獲得しました。
2014-2015シーズンより、アイスバックスへ移籍し、ゴール前での強さに加え、常にHARD WORK
する姿勢は、チーム内でも、お手本となる選手です。
昨シーズンまでに、アジアリーグ最多の218ゴール、277アシストで最多ポイント記録を
更新中で、今シーズン500ポイントまで残り5ポイントでスタートし、11試合全てに出場し、
記録まで1ポイントとし、本日のアシストで1ポイントを積み重ね達成となりました。

詳細につきましては、下記をご参照下さい。

■齋藤 毅(さいとう たけし)
saito小
■背番号:  91
■ポジション:FW
■生年月日: 1981年3月8日
■身長/体重:176cm/80kg
■経歴:   釧路・景雲中学→駒大苫小牧高校→雪印→札幌ポラリス→王子イーグルス
■代表歴:  世界選手権代表     8回
       世界ジュニア選手権代表 2回
       オリンピック予選代表  4回
       冬季アジア大会代表   2回 
■齋藤 毅選手コメント:
「アジアリーグ通算500ポイント達成の記録に関しては、喜びたい。なにより、試合に勝利できた
 ことも嬉しい。先日の500試合出場達成の時も同じだが、色々な人に支えられて、記録がついて
 きて感謝している。アシストに関しては、古橋選手がずっとゴール前で粘ってくれていたので、
 そこにパスを出すことができて、よかった。まだまだ通過点で、先を狙って、毎試合毎試合
 恩返しできるようにプレーをしていきたい。」